0120-130-749

遺言・相続対策

“相続トラブルを避けるには、日頃からご家族で「自分たちの相続」についてお話されるのがよいと思います”などというと、
「縁起でもない!」とか「うちには財産なんてないから関係ない!」とおっしゃる方が多いのですが、本当にそうでしょうか?

戦前、家督を相続する長男が全財産を引き継いだ時代には、相続が表だって問題になることは多くありませんでした。
しかし、戦後の民法では、長男次男、男女に関係なく、平等に相続分が定められました。

このため「すべての義務を負うかわりにすべての権利を受ける」という構図が崩れ、権利だけを主張し合い、なかなか遺産分割が進まないという問題が起こるようになってしまったのです。

父名義の自宅に同居し長年介護をしてきた長男も、数十年音信不通の弟も相続分は同じ
父の死後、弟が長男に対し、父名義の自宅を売却して金銭で分配してほしいと請求することも許されるのです。

相続分に従った均等な分割・・しかし、少し違和感が残ります。

この場合、父が「世話をしてくれた長男に自宅を相続させる、弟には預貯金を相続させる」との遺言を残しておけば争いは回避できたのでは・・・と思いませんか?

また、歴史のある家系で相続財産に高い価値がある場合、いざ相続してみたら相続税の負担が膨大で、手元資金が不足したり、大事な財産を売却して支払ったり、というケースが最近増えているようです。

これも、遺言と相続税対策を生前にしておけば、負担を減らすことが出来る典型的な事例です。

大切な家族と死に関することを話すのは不吉と思われるかもしれません。
しかし、大切な家族だからこそ、ずっと仲良くいられるよう、それぞれの家族にとって一番良い「相続」についてお話されてはいかがでしょうか?

無料相談のすすめ

当センターでは、『トラブルにならない上手な相続対策』を考えるために、現在の状況を整理する無料のサービスをご提供しています。

つまり、
■お客様が調べなくても、必要な対策の種類と、方向性が理解できる
■お客様がで覚えなくても、専門家の観点から判断した、ベストな相続対策の方向性を知ることができるということです。

それが、当センターの「無料相談」なのです。

出張無料相談もお受けします!

当センターは京急川崎駅の目の前という好立地にあるため、たくさんのお客様からご好評いただいております。

しかし、ご相談者の中には、当センターにお越しいただくことが困難な方もいらっしゃいます。

そういった方々のために、私どもは直接お伺いしてご相談をお受けする「出張無料相談」を実施しております。

日程調整が必要になりますので、是非一度お電話にてご相談下さい。

ご連絡、お待ちしております!

▲このページの先頭へ戻る